株式会社ライラス イベントグッズ企画製造

特殊印刷のことならライラスにお任せ下さい! シルクスクリーン印刷、フロッキー、ポッティング、ノベルティ製品名入れ

お電話でのお問い合わせはこちら Tel.052-228-0388

Facebook

示温印刷
特徴や機能、用途などをご紹介します。

温度によって色が変化します

示温印刷(感温印刷)とは、熱や冷気の温度の変化により「発色」「消色」など色が変化するインクを使用した印刷です。
インクの特徴として、温度が上がることで色が消え、下がると発色します。変化が起きるタイミングの温度は設定する事が出来るので、目的に応じて設定が可能です。

特徴

-20℃~60℃まで設定可能
色が変化する温度を最初の設定で変える事が出来ます。
  • ●マグカップにお湯を入れると下地の絵柄が現れる場合
    ⇒ 40℃前後に設定し、通常(40℃以下)ではインクが見えている状態で、お湯(40℃以上)を入れるとインクが消え、下地に印刷されている絵柄が見える様になります。

  • ●冷たい飲み物を入れると絵柄に色が現れる場合
    ⇒ -5℃前後に設定し、通常(-5℃以上)ではインクは消えており、冷たい飲み物(-5℃以下)を入れるとインクが発色し色が現れます。

色の種類
青(blue)、紫色(Violet)、緑色(Green)、エメラルドグリーン色(Emerald Green)、オレンジ色(Orange)、桃色(Rose red)、赤色(Red)、黒色(Black)の全8色。
対応素材
紙製品、グラスなどガラス製品、マグカップなどの陶器

用途・具体例

こんな場面におすすめ
紙製品(ステッカー、シール、ポストカードなど)、グラス、マグカップ、ノベルティ、販促製品

実績・関連ブログ

    記事がありません。

ライラスの印刷・加工技術
特殊インク印刷
ノベルティグッズ

特殊印刷のことなら
「ライラスにお任せ下さい!」

シルク印刷・ポッティング・SP商品など

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら Facebook
ライラスの印刷・加工技術
事業案内